■プロフィール

kage

Author:kage
設計事務所の影武者
はっちゃのお世話係りを脱却したので
実体は、お気楽な主婦かもしれない。

家族
MS氏   設計事務所の主
kage(本人) MS氏の影武者
パール ホワイトシェパードH26.11.22生まれ
    2歳の女の子
パフェ ミニウサギ H21.3.28生まれ
   7歳の女の子

別宅
はっちゃ MS氏の母 89歳
(2011.9末グループホーム入居)

娘1 独居 社会人2年生
  
娘2 独居 社会人1年生
  
kageママ 要介護1 80歳 独居
  メル セキセイインコ 2歳の男の子

プリン ミニウサギ7歳女の子
   (H21.4.1生-H28.8.28没)
あお オオルリ-オス 傷病野生鳥獣
   (H27.7.30預かりH27.9.2放鳥)
クロ クロジ メス 傷病野生鳥獣
   (H27.6.25預かりH27.7.23放鳥)
サン ジャーマンシェパード 11歳女の子
   (H16.10.2生-H27.5.23没)
ハル アオバト 年齢不詳 たぶん男の子
   傷病野生鳥獣(H24.8.11預かりH27.3.11没)


ポチッとしてみてね↴
クリックで救える命がある。


にほんブログ村 主婦日記ブログへ

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
71年だって!
拙いブログに来てくださってありがとうございます。
振り返り日記を予約投稿してます。

2月27日のこと 3月17日記

この日は中学校での読み語りが、今年最後でした。
中学校が移転になるので、娘たちが通った校舎に入るのも最後。
図書室は、すでにお引っ越し準備のために、本が箱詰めにされておりました。
担当の教室への行きかえりに、じっくりと掲示物を眺めてますと、
この地に71年間のなんとかかんとか…と書かれておりました。
その前はどこにあったんだろ?
調べてみますと、71年前といいますと旧制中学から新制中学
切り替わったころでした。
ってことは、随分と歴史のある中学校ってことですね。
だから、かー。
学区の端っこで、住宅地の真中の立地であることに合点が行きました。
中学校周辺は区画がグチャグチャしていて道幅も狭いんだよね。
当時の中心地だったんだろな。

卒業生ではないkageに大した思い入れはないけど、
体育館の方まで見てきました。
娘2のために体育館を借りて毎週自主練をしてたわー。
渡り廊下に娘1が部活で書いた絵が残っているかしら?
どんな絵だったか覚えてないけど、見覚えがあるような…。
カメラを持って行くのをいつもも忘れちゃうんだー・残念!

かつて、娘1が言ったことには
渡り廊下の手すりに絵を描くのが例年の卒業製作になっている
はずなんだけど。
10年以上書き換えられない?
部活の活動内容は変わったんだろね。

家から見える新しい中学校の教室や図書室はどんなだろうか?
生徒たちが新しい歴史を刻み始めるのねー。

スポンサーサイト
読み語り | 09:17:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
辞めるんだ
お越しいただきありがとうございます。
昨日(3/15)は、ちょっとした事件がございました。
なんと、半年かけて追い出したモグモグが舞い戻って来たのですよ。
里帰りなんてして欲しゅうはなかった!
対策をしてみたものの、本日新しいトンネルが…。

過去を思い出して日記をつづって予約投稿しております。
2月21日のこと 3月16日記

前日の日記に引き続き、読み語りのことでございます。
2/20の読み語り時に、
ずーっといっよに活動していたメンバーが退会すると聞きまして、
あ~・そういうことってあるんだ
って思ったのです。
変な言い方だし、当たり前のことなんですけど
これまでが長かったので、これからもずーっと続くと漠然と思ってた?みたいな?
読み語りについては、変化することを考えたことがなかったんだよね。
子供のRTA役員の時の活動から発展して会の活動を合わせて20年
事情は色々あると思うけど、区切りにしたいそうです。

そーかー・そーかー。
と、思ってたらこの日(2/21)、診察に行った医院で他のメンバーに遭遇。
おばーちゃんメンバーさんでとっても可愛らしい方です。
「あのね、私・今年度で退会することにしました!」
えー・えー!
「10年くらい活動されました?」
「平成12年に始めたから…」
そーかー・そーかー。
kageと同じころ始めたんだっけ。
kageは介護で2年休んだけど、ずっと続けていらっしゃったんだよなー。
初めからおばーちゃんメンバーさんだったんだから、
よく考えなくても当り前のことだよなー。
ずーっと・ずーっと続くなんてことは、ないんだよなー。

自分自身があと10年は仕事を続けたいから、今のペースで読み語りをしたいと思ってって、
他もメンバーもずっと一緒にいてくれると思っちゃってたな~。
会の発足時からkageは18歳も年を重ねたわけで、
子どもたちから見れば立派なおバーちゃんだわね。
そーかー・あの頃のあの人と同じような立場なんだ。
そーか・そーなんだ。
大人にならんとダメねー。  今頃?
終わりってあるんだ・終わるんだ。
辞めるときはキレイに!

創設時のメンバーはかなり少なくなりました。
これまでに何人も抜けたけど、
今回のお二人が辞められるのは少なからずショックだったわ。
そして、自分の引き際を考えるきっかけになりました。
お二人のメンバーさん、長いことお疲れさまでした。

現役メンバーさんに告ぐ!
悪いけどkageは来年度も活動しちゃうよ!




おまけのムクドリ
2/21ムクドリ1 室内からガラス戸越しに撮れました

2/21ムクドリ2 お尻・尻尾!可愛い~

2/21ムクドリ3 巷では嫌われてるんだよね
単体だとこんなに可愛いのにね!

読み語り | 08:43:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
はなむけのつもりだったのに
気まぐれな後追い日記においで下さりありがとうございます。
また、随分と更新が途切れてしまいました。
エイヤーと弾みをつけて、思い出してみます。

2月20日のこと 3月16日記

地球のこどもたちへ       母なる地球のために>
地球のこどもたちへ シム シメール    母なる地球のために シム シメール

7年前にも綴っておりますが、
シム・シメールさんの絵が好きかと言うと、そーでもない。
どちらかというと、苦手な部類かもしれない。
けど、絵に合わせた彼のメッセージは素直に心に響く。
エコロジー絵本?とくくられるのはちょっと違う気がする。
んー・んー・うまく言えないけど、うまく言えないことを子供たちに伝えられる本だと思うの。

もー何年も、メッセージ性のある絵本を読み語りしておりません。
10数年前の児童と同じような感性で受け入れられないかな~と思って
二の足を踏んでしまうんですよね。
が、この日の朝ふと『読もう!』って気になりましたの。
そんな時は心に従うのが一番!
6年生に向け『地球のこどもたちへ』を読もう!

わたしは、あなた方が住む星。
みんなと同じように、たったひとつきりのかけがえのない存在。
あなたが愛し、大切にし、守ってくれさえすれば、
わたしはずっと、あなたがたの家でありつづけられるのです。
いつも、いつまでも、永遠に。
みんなを心から愛しています。
                            母なる地球より


と、語って終わるはずでした。
卒業する子どもたちへのはなむけのつもりでおりました。
うー・気づいたら『 母なる地球のために』を読んでたー。

人間があらわれる前の、母なる地球のことを、動物たちは覚えています。
すべての森が、どれほど深く、みずみずしく、生い茂っていたか。
…。
たくさんの人間が、この星で暮らすようになりました。
そして大切なことを、人間たちは忘れてしまったのです。
わたしたちに今、できることは?


根底にあるものは同じなんだけど、子どもたちへ向けたメッセージを読みたかった~。
やっつけのようになっちゃったけど、
『地球のこどもたちへ』のはじめと終わりのページを紹介したわ。

みんなを心から愛しています。 読み語りのおばさんたちより
って、気持ちでね。

読み語り | 22:39:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
リラックスして聞いて~
拙い過去日記にお越しいただきありがとうございます。

2月8日のこと 2月24日記

この日は中学での読み語りでございました。
エゾオオカミ物語 エゾオオカミ物語
絵本の紹介は、以前書いたので省きますね。

予定時間より早く生徒たちの用意ができていたので、
声をかけて入らせていただきました。
その時の先生の言葉にちょっと違和感があったんですよね。
帰りのあいさつの時に違和感の正体がわかりました。
時間についても読み手に対する礼儀もキッチリカッチリした先生だったのね~。
前回、生徒に感想を言わせる先生がいて、読み手が困惑していることが話題になりました。
たまたま校長先生が図書室に顔を出してくださったので
図々しいおばさんは「ただただ、自由に聞いてほしい」ことを訴えましたの。
で、この日kageが読んだクラスが感想を聞く先生だったのでした。
絵本の後、
ニホンオオカミとエゾオオカミ・ニホンシカとエゾシカの大きさを絵で説明しましてね、
反応が妙だな~なんて思ったんですよね。
少し早めに切り上げて帰ろうとしたら、
ザワザワっとして「感想は?」と生徒の間で声が上がりました。
あ=・気の毒なことをしたわ====。
校長先生のからお願いが伝わっていて、感想を言わされることはなかったけど
絵本も大きさの説明も感想を言うための聞き方をしてたのねー
そーいうことなら、もっとばかばかしいお話を持ってくるんだったわ。
お利口な感想が思い浮かばないような、とりとめのないお話しにするんだった!
絵本を聞く数少ない機会を、国語の授業のように過ごしてしまうのは
もったいないわ~。
中学生って忙しいじゃない・先生も!
絵本を聞くときくらい・リラックスしてね=。



おまけ
今年はロウバイが鳥に食べられなくて、花の命を全うできそうです。
その代わりに、キンカンが攻撃を受けております。
2/8キンカン1
地べたにもたくさん落とされています。
ちょっと癪なので、一部を収穫!
2/8キンカン2
お酢と砂糖やらはちみつでさっと煮ました。
2/8キンカン3
はじめて作ったけど、まーこんなもんでしょ。
ヨーグルトを掛けてたべようかな~。

読み語り | 09:22:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
出かけるのは大事!
1月17日のこと 1月22日記

まだ起き上がりたくない時間にザバーと降ったけど、日が出る頃は
1/17朝焼け
見事な朝焼け!
この後しばらくしてからは、ずーっと雨降りの日でしたっけね。

この日は、年が明けて初めての読み語りでした。
冬になってから読んでいる本がコチラ⤵
天の火をぬすんだウサギ天の火をぬすんだウサギ
ジョアンナ・トゥロートン (著), Joanna Troughton (著)
北米インディアンの「火のおこり伝説」に「なぜ動物がそうなった」の話を加えた楽しい絵本です。
地上に火がなかったころ、冬の寒さにふるえる動物たちは、高い山にすむ天の人のところから、
火をぬすんでこようと、相談しました。
つよいのは、ヤギュウだし、
ものしりは、オオカミ。
クマは、ゆうかんで、ヤマネコは、けんかずき。
でも、いちばんかしこいのは、ウサギ。
いたずらにかけては、おおさまだ。

動物たちは、協力して火を地上に持ち帰ることにせいこうしました。


いちばんかしこいのは、ウサギの部分が子どもたちには意外性があるかな~と思って読んでます。
我が家のパフェを見ていると、ウサさんは確かに賢い・ずる賢さもあるかな。

この日は小学三年生のクラスだったので、ちょっと笑いが欲しくてもー1冊
なっちゃうかもよ 『なっちゃうかもよ』 斎藤 多加子 (著)
はなくそをほじってばかりいるとどうなる!?ゆびをしゃぶっていると…。
えー・そーなっちゃうの?うそかもしれないけど、ほんとだったら、ちょっとこわい。
かわいい粘土の子供たちがつぎつぎと登場して、やってはいけないことを教えてくれます。

しつけ絵本ですが、
小学1-3年生くらいだと、知らないおばさんが読むと丁度良く笑えるかな。
ちょっと身に覚えがある内容が多いので面白がってくれます。
くせが残っている子は、反省してるかも?

読み語りがない時期は、ダラダラ生活が拍車をかけるので、
週に回程度出かけるのは大事!
読み語りの仲間に加えてもらえて有難いわ~。

読み語り | 09:07:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。