■プロフィール

kage

Author:kage
設計事務所の影武者
はっちゃのお世話係りを脱却したので
実体は、お気楽な主婦かもしれない。

家族
MS氏   設計事務所の主
kage(本人) MS氏の影武者
パール ホワイトシェパードH26.11.22生まれ
    2歳の女の子
パフェ ミニウサギ H21.3.28生まれ
   7歳の女の子

別宅
はっちゃ MS氏の母 89歳
(2011.9末グループホーム入居)

娘1 独居 社会人2年生
  
娘2 独居 社会人1年生
  
kageママ 要介護1 80歳 独居
  メル セキセイインコ 2歳の男の子

プリン ミニウサギ7歳女の子
   (H21.4.1生-H28.8.28没)
あお オオルリ-オス 傷病野生鳥獣
   (H27.7.30預かりH27.9.2放鳥)
クロ クロジ メス 傷病野生鳥獣
   (H27.6.25預かりH27.7.23放鳥)
サン ジャーマンシェパード 11歳女の子
   (H16.10.2生-H27.5.23没)
ハル アオバト 年齢不詳 たぶん男の子
   傷病野生鳥獣(H24.8.11預かりH27.3.11没)


ポチッとしてみてね↴
クリックで救える命がある。


にほんブログ村 主婦日記ブログへ

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■FC2カウンター

また右側
12月22日のこと 12月28日記

前日にインクジェットプリンターもつながったので、
午前中にシールをプリントしてお昼にGH(グループホーム)へ行く予定にしていると
GHからお電話
ドキドキしますねー・何があったかな?

はっちゃが明け方に転んで顔を怪我されまして…。』
あれ~。
9月に体力が落ちてから、11月4日に1度自力でベットから立ち上がったそうですが
それ以降は自力でたったことがなかったのに、廊下まで出て転がっていたらしい。
転んだ状態の再現写真も見せていただきました。

食介をしつつ様子を見る。
さすがに痛々しくて正面の写真は撮れませんでした。
12/22はっちゃ
転んでだことでアドレナリンが出ているのか?食欲旺盛でしたよー。
治す気力有です。
以前なら、痛みに浸るために色々と面倒でしたが
痛みを意識しない?感じない?ので、お世話する側は楽になったと思います。
一時に比べて、咀嚼をするようになったので粗ミキサー食から刻み食に戻り、
昼間は歩行も安定し始めて来ていたそうです。
復調する過程での事故ってことだわね。

9月にMRI撮影した時には脳に変化はないと言われたのですが、
脳が委縮していて脳梗塞が見つけにくかった?のかもな。
右側から声を掛けたり腕を何度かつついても無反応なのに対して、
左側だとちょっと触るだけで表情が緩んで顔を向けます。
食介は左側でないと難しいな!
顔の傷・倒れていた様子から推察すると、
右顔面を出入り口の壁又は引き戸の取っ手にぶつけて、反動でひっくり返った
のではないだろか。
GHのスタッフさん方も同じ考えのようです。
認知症特有の距離感を掴めない症状に加えて、右側の認識ができなくなってるようです。
前回も右側顔面を打ちつけていました。
半側空間無視は左側の場合が多いらしいけど、それとは違うのかな~?

倒れるときに手をついていたら骨折間違いなしですが、
身体が反応しないので、そのまま倒れて頭部左側にたんこぶができています。
倒れるスピードもゆっくりなのだと思います。
大腿骨を骨折したら寝たきり間違いなしなので、コレは避けねば!
スタッフさんの提案で色々と策を講じることにいたしました。

高齢者は内出血がだんだん下がるので、お正月に訪問するとほっぺが真っ青かもしれないな。

おまけ
12/22パール
日の出の写真を練習してみたよ。

スポンサーサイト
はっちゃのこと | 17:45:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
細かく観察してるなー
久し振りに介護のことを長く綴っております。
お嫌な方はすっ飛ばしてくださいまし。
最後におまけでパールの写真を貼っております。

11月19日のこと 12月3日記

この日、GH(グループホーム)の運営推進会議に行って参りました。
通常の報告の後、今回のメインである『避難訓練』
がありました。
訓練をするのはGHのスタッフさんと入居者です。
入居者を避難させる様子や安全確認等を見学して入居者家族がチェックしたり
消防署の方がアドバイスをしてくださいます。
毛布を使って入居者を階段で避難させる方法も、スタッフ間で実子してました。
訓練自体は、かなり手間取っていて不手際も多かったのですが、
その姿を入居者家族に隠さず見せるところが前向きだな~と思います。
前年度は入居者家族も一緒になっての訓練でしたし、
もっと前には地域の方を交えた救急講習をしたこともあります。
毎年工夫をしていて頭が下がります。

消防署の方からは
2階の2方向避難についてのアドバイスを頂いたので、
きっと近いうちに何らかの対策をすると思います。
もたついた非難については、
費用を掛けた設備が整っているので、消防が駆け付けて救助することができるため
心配はいらないとのことでした。
よっぽどのことがない限り、入居者の居室からの出火はないと思うので
大丈夫でしょー。

消火器の使い方でひとつ勉強になったことがあります。
鍋の油から出火した場合は、消火器のホースを壁や天井に向ける!
直接吹きかけると油が飛ぶので、跳ね返って鍋の表面を覆うようにする方が安全だそうです。
知ってました?

11/19はっちゃ1
訓練の時は、ちゃんとかぶってましたよ。
少し前のはっちゃなら「こんなもん!」と怒って抵抗するか
「わからん・わからん・何?」と繰り返して受け入れなかったと思います。
そーいう点はものすごく・大変・非常に・絶対的に楽になったわね=。
くどかったかしら~・ついつい力が入っちゃいます。

11/19はっちゃ2
少し前に比べると復調して介助付きでいくらか歩けるようになってます。
が、元々の他力本願が全開です
生活も運動も寄りかかるものがあれば全力でもたれ掛りたい・寄りかかりたい。
すべてに自立する気持ちがありませんから~。
もーね・遠慮なんてしませんから、人任せーされるがままー。
これもある意味楽ですわ。体重も軽いので負担も少ないですしね!
って、たまに顔を出すだけの家族には手出しできません。
転ばせちゃうのが関の山です。

訓練後の昼食。
今回も食介をいたしましたよ。
他の入居者さんの様子やスタッフさんの大変さを生で見られますからね。
いっとき、
食介に手のかかる人が増えて自力で食べる人に手が回りにくくなったことがあり
自力で食べている人たちの雰囲気が悪くなりました。
その時には食事を2部制にして対応してくださいました。
最近はと言うと、食介が必用な人数に変わりはないけど、
一部介助から全介助になったために、全体にスムーズに食事ができるようになっています。

はっちゃの食事はと言いますと、刻み食から粗ミキサー食に代わっておりました。
若いころからの噛まない主義が極まっておりますの!
そして、食べること自体はできますが
食器を持って口に運ぶまでの関連した動作や、食べ物を認識する・食事をするという部分が
ほぼできなくなっております。
お茶だけはカップを持ってもらうと口をつけることができます。
距離感はつかめなくなっているので、手を添える必要があります。
意識が継続しないので、カップを下すところまではできませんしね。

食介をしてみて分かったこと。
味について文句を一言も言わない・一度も不機嫌にならない
箸を近づけると大きな口を開くので、ひと口がかつての倍ほどになった
(それでも一般的なひと口より少ない)
吐き出す回数が激減した
自分が少食だと言う誤った認識から解き放たれた
(この期に及んで米粒を一つずつつまんで出すけど・・・)
等により、食事時間が2/3位になった===。
完食してるから、もっと‹短くなってるかもー。
在宅時に比べたら、ホントに・格段に・超絶楽==
入居してからと比べても、
甘いデンブや黄な粉を掛けなくて済むし・アイスの実より小さなおにぎりを作り続けなくて済むし
楽チン!
食べてもらう工夫が要らないって楽だわ~。
10年前からミキサー食にしてればよかった?
少しでも噛む行為を残そうと努力しないといけないわけで・・・。
愚痴がひどくなるから、以下省略。

11/19はっちゃ3
こちらエア食事の最中でございます。
この日は何度か同じことをしてました。
常にひもじいのか?食欲はあるな=。
食事中以外でも、手のひらに息を吹きかけると
手の上の物を食べる仕種をして、指先に着いた物を舐める用に口が動いてました。
距離感を把握できないので、食べることも指を舐めることはできないんだな~。
何を食べているんでしょーか?
在宅時から脳内調味をしていたので、きっと美味しく味わっていることでしょー。

我ながら、相変わらず細かく観察してるな=。
何事も、観察と見極めができないと対策を建てられないんだよ~。
介護だって同じよ=。

おまけ
11/19パール
お利口にお留守番しました・遊んでください!

はっちゃのこと | 21:09:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
本能は強い
9月13日のことその① 9月26日記

お昼にGH(グループホーム)から電話があり、
はっちゃの様態が回復しないのでMRIの検査に付き添って欲しいとのこと。
聞いたことのない病院へ、自力歩行がむつかしい年寄りをどーやって連れて行く?
頭の中でアレコレ想像するも、ひとりでできることなんて何もない。
『送迎はGHでしてくれる』って言われても・・・。
kageがGHまで出向き、同乗させていただくことになりました。

以前MRIを撮った時のこと、これまで通院した時のこと、日頃のアレコレを考えて、
新しい本・はっちが若いころの家族の写真・ドングリ
おもちゃを仕込んでいざ出陣!
kageにとっては、在宅時以来の付き添い。
状況がかなり変わっているので、どー対応できるか?

はっちゃはここ数か月の間に何度も転倒を繰り返しております。
数日前から、体に力が入りにくく、身体が傾いたりのけぞって座位が保てないそうです。
ここへ来て、熱が上がりボーっとしていたり焦点が合わないくなったため、
GHの系列の医院から紹介状を頂き設備が整った病院で検査を受けることになりました。

GHへ着くとスタッフさんが準備を整えてくださり、送迎手配も済んでおりました。
車イスに乗ってうつらうつらしている様子は、想像以上に体力が落ちているようでした。
おもちゃは不要だった====。

以前MRIを撮った時は怖がって大変だったけど、今回はなすがまま。
なんだかんだと時間がかかりました~。

以前義父を病院から別の病院に通院させたとき、
予約をしてあるのにストレッチャーや車イスで長く待たされたことを思えば、
楽だったかな。
トイレを気にして暑い待合室で水分を拒否するものだから、
段々と症状が悪化したんだよね。
ココは病院なのか?悪徳施設なのか?って思ったよねー。
ストレッチャーのまま処置室?で看護婦さんが何やらして、
待合室に戻ってしばら~くして診察、結果のお話し、会計。
入院してる病院に戻ったら
『なんで、そっちで入院させてもらわなかった!!』
kageがへとへとになるくらいだから、病人はぐったりするよね。
気配や会話で色々感じるよね。
気が滅入って、病状が良くなるわけないじゃん!


ってことがあったので、
病院でお水を頂いて、飲ませ続けました。
飲ませ続けると言いますのは、
もともとひと口がティースプーンに1杯分くらいなので、エラク手間と時間がかかるわけです。
この日は更にちょびちょびで、ティースプーン半分くらいしか飲まない。
そのくせごっくんと喉が大きく動いて飲み込む音までするのよ。
紙コップ8分目位を2時間かけて飲んでもらいました。
9/13はっちゃ1
表情がうつろですね。
病院に着くまでは寝てたのでまったく反応がなかったけど、
水を飲んでくれたので、ひと安心でございます。

合間にはっちゃのお母さんの写真を見せたり、ドングリを握ってもらったり。
9/13はっちゃ2
脳梗塞の症状はなかったけど、右手をあまり動かしません。
指を握ってもらうと、両腕を引っ張り上げることはできるけど、
自分では動かさないな~。
数を数えるのが好きなので、ほっぺやあちこちをつつきながら
1・2・3・4・5・6・7・8
と、なんとなく手が動き始めるのよ。
待合室のみなさんにはご迷惑だと思うけど、小さい声で1・2・3・4・5・6・7・8

GHに着き、玄関でスタッフさんに声を掛けられるとこの日一番の笑顔
イレギュラーなことが大嫌いな人なので、いつもの場所でいつもの声に安心したのでしょー。

スタッフさん方に大変面倒を掛けているので、
訪問した時に食介くらいせねば罰が当たるわよね。

9/13はっちゃ3
右手では食器を持つこともしなくなってます。
ほとんどミキサー食なので、どんどん食べてくれます。
が、
何しろひと口が少ないので時間がかかること。
昔からの噛まない習慣は健在。
小さく切ったはんぺんを吐き出す・吐き出す。
そーいうときは手が動くし、舌を器用に使うんだよね。
本能って強いわ~。

9/13はっちゃ4
完食したのにその顔は何?
昼間よりは感情や表情が『はっきりしてきたので、熱が下がれば幾分回復するだろーと思います。

自立歩行は、元々したくないことだからむつかしいなー。

はっちゃのこと | 19:14:44 | トラックバック(0) | コメント(2)
スイッチ!
9月17日のことその② 9月27日記

この日は午後からGH(グループホーム)の敬老会でございました。
はっちゃは、熱が下がり病院へ行ったときよりも覚醒しておりました。
耳元で声を掛けると
9/17はっちゃ1
一瞬だけですが笑顔も見られました。

スタッフさん方(男性職員)の心づくしのアトラクションも
9/17敬老会1
はっちゃの目にも耳にも届いてないと思います。

9/17敬老会2
太鼓の響きは時々感じるようで、手でリズムをとることもありました。

1年前はみんなの前に出て米寿のお祝いに鉢植えを受け取れたんだよね~。
もー・車いすから離れることはないんだろか?
以前は、昼食を用意してくださっていましたが、最近はリクレーションだけ。
入居者さん方の介護度が上がったため、食介の手間がかかるからかな?

9/17はっちゃ2
娘1が手を動かすように促しますが、右手は膝の上に置かれたまま。


9/17はっちゃ3
鼻がスイッチ!
顔をつつくと表情が変わるのよ。
直接的な刺激が一番ね!

9/17はっちゃ4
こっち見て!
は、とても伝わりませんわね。
でも、何のはずみか右手が動きましたね。
わからないことが増えたけど、楽になった部分もある。
暑い・寒い・美味しくないって言わないのは気が楽よ。
ほとんどボーっとしてるので、不機嫌にならないのも有難い。
実際の味や気温に反応するわけじゃないから、苦労したわ~。

お菓子拾いも、何が起こってるのかわからなくて、
キョトンとするわけでもなく憮然としておりました。
ラムネ菓子を口に含ませると
酸っぱいと言うこともなく顔をしかめることもなく舐めてました。
症状が進化して味覚が正常になったかも。
3粒食べたところで、もっと食べたそうなので
9/17はっちゃ5
黒糖の麩菓子を持たせてみる。
危ういながらも口に持って行って舐める・しゃぶる・噛み切る。
距離感がつかめないし、細かい作業はできないので袋を開けることはできませんが
自分で封を切ろうとしてました。
食欲あるな!

9/17はっちゃ6
このところ自分で食べることがなかったそうなので、ちょこっとだけ回復の兆し?

お義姉さんは1年以上訪問していないみたい。
GHに入居したら悪化したとか言い出されると困るわ~。
どれだけお世話になっているか、わからんだろなー。
在宅だったら、とっくに生きていられない状態だわよ。

はっちゃのこと | 14:56:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
息子効果
5月21日のことその① 5月24日記

この日はグダグダとお仕事をしながら過ごしておりました。
前日に花粉の症状がひどくなり、お薬とマスク復活です。
最近はマスクの中が蒸れ蒸れ。
目薬まで必用。
年々反応する植物や食物の種類が増えているようで、
年中マスクが必要になるのも時間の問題かと思われ----嫌だ==!
違和感っと思うと喉が腫れていて、原因が特定できないどかしさもあるのよね。

さて、
この日はGH(グループホーム)の運営推進会議とお花見食事会がございました。
前回kageが参加した時に、資料に参加者は実子ばかりってメモったら
今回はMS氏が出席してくれました。
帰って来るなり「kageが行かなくてよかったよ!」を連発。
なぜなら
5/22GH1
焼肉が振る舞われたから。
風向きで、匂いが直撃する席だったそうな。
まさかのGHでの焼肉。
世間が思うほど高齢者は魚好きではない
ことは実感しておりました。
世間が考えるよりもずっと高齢者は肉が好き
なのも知ってはおります。
それにしてもスタッフさん方攻めますねー。
入居者やその家族へのサービス精神には感心いたします。

イベントの度に一張羅に着替えさせてくださいます。
5/22GH2
暑い寒いと非常にうるさいので、対策もしてくださってます。

5/22GH3
入居者用に通常の食事を用意した上での焼肉。
炭火で焼き芋も用意されたそうで、
はっちゃはまるっと一本食べてしまったそうです。
食事もしっかり食べた後でお芋・・・
在宅時に少食だと言い張っていたけど、やっぱり違うよね!
お肉は柔らかい物を用意されていて、当然こちらも喜んで食べたそうです。
息子効果でしょうかね?
最近の訪問の内では上機嫌だったようです。

はっちゃのこと | 19:55:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad